So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

カリギュラOD(3) 帰宅部まっしぐらルート、そして… [カリギュラ]

帰宅部エンド目指してプレイの続き。

イケPの曲はロック調で熱い。
これを聴きながらひたすら走っていると
なぜか爆風スランプを思いだしてしまう
帰宅部部長の中身はいくつだ!?
いちばん詰んでるのは部長だという説がある。

シャドウナイフ編よかったなー
ストーリー展開に燃えた。
近年わいていた数々の疑問にこたえてくれた。

キャラエピも後半になってくると
いよいよ本音が見えてくる。
涙を拭くもの大事。

最後のほうのボスは
面倒くさがりさんもオートをやめて手動で戦うのオススメです。
オートだと一瞬でやられましたが
自分で指示したらそんなに苦戦しなかった。

いろいろ驚いたり泣いたり笑ったりしつつ
クリアしてしまいました!
シナリオ濃かったのでとても満足感あります。

ラストは可愛い、と思いました。
エンディング見たあとの感覚が
女神異聞録ペルソナをクリアしたときの気分に似ている。
帰宅部ルートだったからなのか?
好みの感じでした!!

現実に向き合う勇気をくれるストーリーでした。
シナリオに里見直さんのお名前があるので
かなり期待してプレイしましたが
思いがけなく期待以上に心動く物語でした。

帰宅部に一途にプレイすると
楽士の人たちの事情も知りたくなって
二周目すぐやりたくなる!
楽士ルートもクリアできたら
ストーリーやキャラ設定について少し語るかもしれない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

カリギュラOD(2) 壁ぎわをジョギング [カリギュラ]

とにかくクリアまで行きたいので、帰宅部ルートです。
シーパライソ・水族館までクリアしました。

デジヘッドに見つからなければ戦闘なしでどんどん進める。
というか基本そうするようにできてますね。

難易度ノーマル、オートバトル使用で
敵よけゲーをやっていくと
図書館の少年ドール戦が厳しかった。
でも難易度イージーにしたくなくて
ちょっとあがきました。

鍵介は前衛で粘ってくれるので入れると便利です。
あとは後衛キャラの笙悟と琴乃を入れました。
前衛キャラはどうしても立つ位置が固まってしまい
回転するコマみたいなやつに一斉にやられてしまうので。
レベルも低すぎたので全員24~25くらいまで上げて
(まわりの敵キャラが強いのですぐレベル上がる…笑)
なんとか勝てました。

…と、ここまではボス戦ちょっときつかったのですが

次のマップ、太陽神殿。マップは広いが通路は狭い…
イヤでもエンカウントしてレベル上がりまくってしまう。

というわけでやっぱり
よけられるところでは安心してよけまくろう!!

そして私がVITA版で力尽きたシーパライソの水族館
理由は覚えていない…
道に迷ったとかそういうのだろうおそらく。
オーバードーズはセーブポイントがこまめにありますね。
おかげで絶望せずに進めた。
セーブポイントは希望!!!

ペルソナ1のPSPリメイクで
アガスティアの木が異常繁殖してたのを思いだした(笑)


登場人物たちの悩みが少しずつ見えてくるにつれ
誰がいちばん自分に近いんだろう?て考える
妙に共感できてしまう人もいるな


デジヘッドに気付かれてないうちに×ボタン押すと
不意打ちできますが
これを間違えて正気のクラスメイトに向かってやったら…
反応が面白い(笑)
三人くらい固まってるところにやってみるのオススメです。


水族館をクリアしたら
イケP!
このすごく残念な感じのキャラが気になっていたので
お会いできて嬉しいです
VITA版で投げ出したところをあっさり越せたよ
ありがとうオーバードーズ!!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

カリギュラオーバードーズ始めました! [カリギュラ]

PS4になってパワーアップした「カリギュラ オーバードーズ」
発売を楽しみにしてました!

Caligula Overdose/カリギュラ オーバードーズ - PS4

Caligula Overdose/カリギュラ オーバードーズ - PS4

  • 出版社/メーカー: フリュー
  • メディア: Video Game

じつはVITA版を途中で積んだ過去があります(笑)
ストーリーやキャラはとても気になって先が知りたくて仕方なかったけど
マップで迷いまくっていると戦闘が大変で…
自分が何やってるのかわからなくなってデジヘッドになってしまった。
しかし今回はオートバトルやEASYモードも搭載とのこと
私の不満点が改善されているならぜひともクリアまで頑張りたい!!

単純に、据え置きなので
画面が大きくて見やすいです。
しゃべっているキャラのアップ画像が惜しみなくでかいのもイイネ!
イラスト堪能できます。

何やってるかわかりづらかったバトルも
とっつきやすくなってる感じします。やはりこれも大画面効果か。
ちょっと試行錯誤するだけでコツつかめてきます。
今のところ難易度ノーマルで頑張ってみてますよ

今のところは
WIREで帰宅部の仲間にチャットを送りまくって
「現実世界ではどんな人なのかな…?」と想像するのが楽しい感じ
…まあ人によってはすでに何かが見え隠れしていますが…(笑)

主人公の名前をつけるときに
いくつか質問されますけど
自分の心の奥底を探って、正直に答えるのオススメ。
私は目の掃除ができました。


予約特典にμ(ミュー)の歌のサントラCDついてますが
楽士の声優さんが歌ってみたバージョンも発売されてますね。
『Caligula-カリギュラ- セルフカバーコレクション「ostinato」』
しかもSpotifyにもある!
PS4のSpotifyアプリで再生したらまた違った気分でプレイが楽しめますね♪


いつものようにネタバレ控えめにプレイ日記できたらなと思ってます。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

華麗なる復活!punitunes! [音楽]

私の趣味が音楽に戻ってきた!
というわけでしばらく音楽ネタ書けたらいいな

Spotifyを本格的に始めたのでこれを使わない手はない!

はしゃいでプレイリスト作りました。テンション高め。ネタ感満載。
なんていうか90s。もしかしなくてもBEAT UK。
しょうがないよそこが青春だったんだから!
学生時代に買えなかったCDとか、血迷って処分してしまったCDとか
けっこうそろってる!聴けてしまう!
失われた時が取り戻せてしまう。
しかしどうしても見つからなかったレアCDは、やっぱりないこと多いですね
いつか聴けることを祈ろう…

というわけで記事は「このプレイリストを聴けええ!」で終わりにしてもいいんですけど
せっかくなので語りたいところは語ります。

Silver Sun - Lava
私この、LavaのシングルCDを買って
家でいそいそと再生しようとして…
出だしが音ちいさいので、「ん?」と何げなくボリューム上げて…
スピーカーが「ボウン!」て言いました(笑)という思い出。
皆様も音量にはお気をつけて。この始まり方がとても好きです。

The Jellys - Lemonade Girl
Honeycrackが好きでした。でもあっさり解散した。
このバンド見つけたときは
流浪のCJさんが吹っ切れたように楽しいことやってた?と
嬉しい驚きだった。

3 Colours Red - Sixty Mile Smile
スリー・カラーズ・レッドの来日公演のチケットを取ってたんです。
でも中止になった…
改めて聴くと声が「ロック!」て感じでかっこいいですね!?
この曲も始まり方が好きです。
1番の出だしがメロディ短いって変則的でおもしろい。

Ultra - Say You Do
見た目がいいけどこのグループは「バンド」です。楽器演奏する。
ヴォーカルのJames君は陸上の十種競技をやっていた、という珍しい経歴。
しかしそこから予想もつかないソフトボイス。
ときどき入る合いの手がお囃子っぽい。

LFO - 6 Minutes
ポップロック寄りの曲だなと思ってバンドのあいだに置いてみた。
違和感ない。
誰もボーイズグループだとは思うまいて…、って、それも寂しい(笑)
ラストのRichのシャウト「イェイェイ、イェーイ!」がキュートだ
UKはFive、USはLFOだなっ

Supperheads - Summer Forever
フィンランドのバンド。当時メンバー6人いました。
北欧は6人いるロックバンドをちらほら見かける気がする。
ほかの地域だとせいぜい5人までだ
「The Smithsと同じ棚に並びたい」ということで
バンド名がSから始まるのだ、とライナーノーツに書いてあった

Cartel - Faster Ride
この曲のどこがお気に入りかって
「get it get it」がキリキリ~て聞こえるところ!
エモブームのときはこういう高音ヴォーカルがいっぱいいて楽しかった

Strip Music - Never Die
スウェーデンのロックバンド。英語で歌っている。
シンセ担当が2人います。かっこいい音出してます。
この曲は激しい演奏が「スッ…」と終わるのがはかなくて好き。


適当に不定期にやります。
Empire Of The Sun好きです。どっぷりドリーミィ。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽

LFOの新曲「Perfect 10」!! [音楽]

LFO(Lyte Funkie Ones)が新曲を出しましたー!
「Perfect 10」。2017/07/18にリリースされたばかりです。

LFO - Perfect 10 (OFFICIAL LYRIC VIDEO)
https://www.youtube.com/watch?v=R_OquhEMJwM

Richがいませんが、何も心配いりませんでした。
最初「Richの声がする!?」と思って、でもそんなはずはなく。
Bradの声ですね。
Richの声に寄せてみたのでしょうが声帯模写レベルですね(笑)器用です!
そしてDevinの個性あふれる声はまったく変わっていない。
2ndアルバムのあとにもし3rdを出していたら
こういう路線に行ったかもと思える正統進化。
あれから15年も経ってるなんて思えないくらいに「続いて」ます。

夏に聴くのに心地よい音と歌声です。美しいメロディです。
歌詞は「ファンに向けて書いた」らしいです。
前向きな言葉、励まされる言葉、温かい言葉がいっぱい。
心洗われる曲です!
そしてDevinとBradの、Richへの想いも感じる。
三人で出していたLFOの雰囲気をそのまま引き継いでいこうという心意気です。

2ndアルバムから続いているように聞こえると書きましたが
Summer Girlsの延長線上にもあると感じられます。
Summer Girlsではステキな女の子とまあまあの女の子がいましたが(笑)
Perfect 10ではみんな十点満点です。Picture Perfectです。

emoji(=絵文字)が英語になっていたの知らなくて驚きました。
LFOの曲聴いてポジティヴなボキャブラリーを増やそう!

活動再開にあたっていろいろ悩むこともあったのではと思いますが
こうしてDevinとBradの二人で三人分の新曲を出してくれたこと
ファンにとっては本当に嬉しい。
最近のアーティスト写真に映っているadidasのスーパースターは
Richが愛用していたスニーカーです。
Richの代わりの人を入れるという案もあったそうですが
「Richの代わりは誰にもできない」と二人でやることを決めたそう。
私もここでほかの人が加入するより
元の曲とは雰囲気ちがって聞こえたとしても
DevinとBradが歌ってくれたほうがいいなと思っていて。
おそらくファンの意見はみんなそうでしょう。
Richの意見だってきっとそうでしょう。
それで正解だったとはっきり言える新曲です!

新しくはまってくれる人もたくさん現れることを願ってます。
日本ではリアルタイムで聴いてないとなかなか後から知る機会はないグループでしたが
広くポップ好きにも受ける曲をやっています。
歌声も三人ともジェントルで素敵ですし
見た目も「いかにもアイドルにいそうな」という枠にとらわれない
何しててもよさそうなかっこよさだと思うんですよね!

90年代もうリバイバルきてますから
ボーイズバンドも魅力が再認識されるといいなー
90年代後半の音楽、楽しかったですもん
当時の私はロックの片手間に聴いてただけですけど
それでも楽しかった。
それぞれのグループに単独で日本まで来いとはなかなか言えないけど
みんなまとめてボーイズバンドフェスならどうでしょう?
…なんて妄想してるととっても楽しい![るんるん]

☆LFOのほかの記事(ディスクレビュー)
LFOその1 LFOその2 LFOその3
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。