So-net無料ブログ作成

LFO(Lyte Funkie Ones)を語る・2 [音楽]

「妹みたい」と言われてフラれるタイプの私が
LFOの2ndアルバム「Life Is Good」を紹介しますよ
このアルバムはアメリカンロックです。

ライフ・イズ・グッド

ライフ・イズ・グッド

  • アーティスト: ライト・ファンキー・ワンズ
  • 出版社/メーカー: アリスタジャパン
  • 発売日: 2001/10/03
  • メディア: CD

ジャケットの写真のイメージで中身もだいたい合ってます。
つまり1stとはかなり雰囲気変わってる。
私じつはLFOが2枚目出してたことも知らなかったくらいなんですが
まさかこんな方向に行っていたとは!

Richがほぼアルバム全体の曲作りに関わるようになってます。
とくに歌詞はほぼ書いてるんだろうなと思われます、が…

Richさん、1stと2ndのあいだに失恋しましたよね?
とデリカシーのない質問が心にわいてくるのをどうすることもできない。
明るい曲調なのに歌詞後ろ向きの未練タラタラorちょっとヤケぎみor強がりソング
…あれ、私の大好物ではないですか?

「Every Other Time」
このアルバムでいちばん最初に発表されてた曲。
とてもオーソドックスにアメリカのアップテンポなポップロックで
今年の新曲だと言われても驚かない。
このジャンルはいつの時代もこんな感じですから!
Ed Sheeranの曲を聴いて
「Lyte Funkie Onesの2ndいまポロッと出してもいけるんじゃ」て思いました。

「28 Days」
West Side Storyにはロミオとジュリエットが出てましたが
こちらはジャック&ダイアンです。
コーラスのDevinの存在感が笑います。めちゃくちゃRが巻いてる(笑)

「6 Minutes」
これを聴かずにLFOを語るのはもったいなさすぎる!名曲。
なぜか酔ってクダ巻いてるみたいに聞こえる出だし(笑)から
スピード上げて疾走感出してくる。
6という数字があるので言葉遊びの歌詞も楽しいです。
でもポイントは!後半の
「♪Oh~Time is passing by~」
からなんです!
この「オーオ」がせつなげ度アップで
青春ギターポップ度までプラスされてる!
Bradの声はこういう系統も似合いますね。
この曲はのちにJonas Brothersがカバーしてます。
でも「オーオ」がない…
そこ大事でしょ!!!

アルバム初めの3曲がとにかくポップロックで押してくる。
もうここまででも過去のLFOとは全然ちがう。
「Alayna」は前作との中間くらいかな。でも聴きやすいのには変わりない。
「Erase Her」はBradがメインヴォーカルですね。
イタリアあたりで人気出そうなラテン系泣きの曲。
「Dandelion」こういうダークなメルヘン調の曲が本当は本気なんですって
Hold on hold on..て、泣いちゃいましたよ!

「Life Is Good」
Dandelionのあとのせいか強がっているようにしか聞こえないですけど
歌詞見てもやっぱりあまり大丈夫じゃない
でも曲調は明るいんですよ
一度挫折した人の曲だなあ。それだけにしみます。
本当に人生信じられないこと起こりますね

「Where You Are」で「あれ、ちょっと吹っ切れた?」となり
「What If」で「うーん、まだ引きずってる?」となり
「If I Had A Dollar」がDevinさんワールド全開でお酒飲みたくなり
「Gravity」は「もうこれ誰もLFOだと思わないだろ」という出だしから
いつもの感じでラップ開始→「やっぱりLFOか」(ズコー)までをお楽しみください。

「That's The Way It Is」
曲も歌詞もめちゃくちゃ好きな曲!!
一言でいえば強がりアメリカンロック。
Weezerとか好きな人にも勧めたい。
この歌詞はとても共感できる
ナチュラルな誇り高さ大事にしたい
「♪We don't stop now, just rock now」
のシャウトがほんとロックなんです。
挫折しそうなときの応援歌。

「The Sun Still Shines」Summer Girls歌ってたら夕方になっちゃった、
みたいな曲。
このあとDandelionがkelisさんフィーチャリングでまた流れるんですけど
も、もういいから!
それがいちばん思い入れあるのわかったから!
ダークなメルヘンと見せかけてほんとはいちばん本気だって伝わるので!
Richの淡々としたヴォーカルは新境地だ
でもこんな曲作ってしまうような気持ちにはなってほしくない…
本気で落ち込んだときの草も生えない荒涼とした心象風景が広がる…

このあとボーナストラックが入って中和されてアルバムが終わります。
レアな曲が日本盤に入っていると嬉しい。
シークレットトラック「Suzie's Pillow」、お?と思います。
Bradメインヴォーカルでギターポップ風味があります。
おもしろい隠し曲。
Suzieはお母さんの名前のようだ。だから歌い方まで可愛いんでしょうか(笑)

2ndは1stほどのセールスは上げられず、このあとLFOは解散してしまいます。
当時どういう状況だったかなんて周辺の人しか知らないでしょうけど
外野から15年後に見たかぎりでは
このアルバムの路線でいけば2005~6年あたりのポップパンクブームに
乗れたんじゃないか…時代先取りしすぎてたんじゃないか…と
もう何を言っても遅いですけどそんなことを考えます。

いろんな状況から妄想すると
いったん解散するしかなかったんだろうな、と納得はいきます。
2ndは歌詞を見れば見るほど
「Richちょっと休んだほうがいいのでは」と心配になるし。
三人組ユニットの曲にしては
歌詞がパーソナルな度合い強くなってますね。

2ndでいちばん好きな曲は
「6 Minutes」と「That's The Way It Is」で悩むなー
どっちもさわやか系アメリカンロックですから。
しかもせつなさ隠してやみくも疾走ソング。
好みの系統だ…!!
本当に生きてるうちに思いだしてよかった。
LFOは私の知らないところでもステキな曲いっぱい歌ってた。
そう、知らない曲がまだあった

LFOのアルバムは2枚だけですが記事はあともう1回続きます。
LFOについて語る・3はこちら
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。