So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

ダントラ2-2体験版ちょっとやった! [ゲームいろいろ]

グリシナさん描きおろし狙いでヨドバシで予約済み…ではありますが
ダンジョントラベラーズ2-2の体験版をやってみました!
本当は発売日までガマンしようと思ったけど無理だった(笑)

わー!楽しい~!
序盤の手探りダンジョン楽しい!
ジーナとルコとミニフリードかわいい
2のフリードは顔のいい好青年でかえって興味なかったですが
ミニフリードはいい。
主人公じゃなくパーティーのひとりみたいに見えるのがいい。
ジーナとルコの身長差もステキですねっ
背の高いお姉さんときめくのでルコお気に入りです

敵のオレオレンジ続投でうれしいよ(笑)
早く果物ナイフがほしいわ
すいまぁとかも出てくるかな?
2で初めて見たとき衝撃的だった、ラブリーすぎて

これで発売日まで持たせなければ…と
一気にやらないようにしています(笑)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

LFO(Lyte Funkie Ones)を語る・3 [音楽]

年末から落ち込んでいたところへLFOを思いだして。
何回も聴いてとても元気が出ました。
でもいちばん元気にしてくれたのは1stの曲でも2ndの曲でもなく
「Summer Girls」でブレイクする前のシングル曲でした。

DiscogsのLyte Funkie Onesのページ
https://www.discogs.com/artist/217673-Lyte-Funkie-Ones

(Sex u up) the way you like it (#1521142) [Single-CD]

(Sex u up) the way you like it (#1521142) [Single-CD]

  • アーティスト: Lyte Funkie Ones
  • 出版社/メーカー: Import
  • メディア: CD

Step by step [Single-CD]

Step by step [Single-CD]

  • アーティスト: Lyte Funkie Ones
  • 出版社/メーカー: Import
  • メディア: CD


「どんな曲なんだろ…」

♪ステップバイステーップ~!!

イスから落ちました。
高校のときクラスメイトがNew Kids On The Blockのファンで。
彼女「ニューキッズいいよね~!」
私「」
という不毛な会話を一年続けた記憶があります(笑)つらかった(笑)
しかし決して妥協して「いいよね」とは言わなかった。魂は売れないですから。
なのにここへきてLFOが

♪ステップバイステーップ~!!

爆笑しました。
最後には涙流しながらお腹痛い~!と笑っていました。
この曲がそんなにおかしいとかそういうのではなく。
心にたまっていた何かが丸ごと吹っ飛びました。
初期シングル2枚はデジタルミュージックでも見つけられず
海外から通販しました。手に入れられて嬉しい。

初期はRich、Bradと、Blizz(主にラップ担当)というメンバーでやっていました。
デビューシングル「(Sex U Up) The Way You Like It」
曲のクレジットに Brad、Blizzの名前はありますが
Richの名前はありません。
でも曲のメインヴォーカルはRichがとってます。
2ndアルバムでうかがえるRichの曲の傾向からすると
おそらく本人は書かないであろう歌詞(笑)をうたっております。貴重。
最初はぴんときませんが何回か聴くと妙に気に入ってきます。
気づくと鼻歌でこれうたってます。
適度にスローテンポで歌いやすいです。

カップリング曲の「The Dome」
どうやら1997年にドイツで行われた音楽フェスティバルの名前が「The Dome」で
それに出演したとき用の曲みたいですね。
こちらはBradの声がよく聞こえる曲。
ヴォーカル甘い感じで正統派アイドルぽくて私は大好きですね!
思いがけずステキな曲を見つけてハッピーです。

「Step By Step」
私の人生でこの曲を聴きまくる日がくるとは思わなかった(笑)
LFOバージョン大好きですよ。
格好いいアレンジだと思います。
ちょっと自分でもどうかと思うほど聴いてます。
途中のラップのところがとくにいいです。
原曲にない感じになってますね。
合いの手みたいに入る「♪step by step!」の掛け声も
威勢がよくてテンション上がります。

RichとBradの髪型がちがうんです。
そりゃ髪型などころころ変わるに決まってますけど…
Richは金髪を坊ちゃんカットにしていて
アダム・トンスバーグかと思ったわ!(笑)ときめいた。
Bradの髪型
アイドルとして正しい!!!
頭の形が綺麗じゃないと似合わない髪型。
ここまで似合ってる例はそうない。美しいフォルム。ときめいた。
こんなの20年前にもどって客席で「キャー!」て言いたいわ私も!
LFOの載ってるアイドル雑誌とか集めたかったです。

この2枚のシングルは思うようには売れなかったみたいですが
クオリティはのちの曲と比べても遜色ないです。
方向性はちがうけど(笑)
ヒットするかどうかって運によるところも大きくて
「いい曲だからといってヒットするとは限らない」のがせつないところですね。
「Girl On TV」のPVでRichとBradのリモコン取り合いが
気心知れてて楽しそうなのも納得です!
ともにStep By Step踊った仲ですから!
あまたの戦場をくぐり抜けた盟友レベル。

通して聴くとジャンルが変わっていきますが全部好きです。
初期シングルには
「これ聴くとLyte Funkie Onesがもっと好きになる」効果があります。
この頃はRichはラップを担当していなくて普通に歌っている。
どういういきさつでラップすることになったのか
調べればわかるのかもしれませんが
なにしろ資料が英語なので手間取っています。
あとどこまであてにしていいか非常に怪しいんですよね(笑)
そもそも昔の情報はRichの生まれた年も記事によってバラバラ。

今年はデビュー20周年になるんですね。
BOXセットとか出してくれたらいいな。
ブレイク前の音源や映像は権利やあれこれで難しかったりするかもしれないが
できたら全部入りでお願いしたい。ディスク分けてかまわないので
…と星に祈っておきます。

年末から本当にどうしようもなく落ち込んでいたので
Richが助けてくれた気がしてる。同じ誕生日のよしみで(笑)
そのあとNASAがみずがめ座方面に生命ありそうな星を7つ発見のニュース。
来世はそのへんでまた会えるかもしれないですね。
そしたらRichに「あなたの曲すてきですありがとう」って
お手紙送りたいです!

ライブDVDも手に入れたのでそのうち感想書きます。
一言でいうと「すごくよかった」です。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

LFO(Lyte Funkie Ones)を語る・2 [音楽]

「妹みたい」と言われてフラれるタイプの私が
LFOの2ndアルバム「Life Is Good」を紹介しますよ
このアルバムはアメリカンロックです。

ライフ・イズ・グッド

ライフ・イズ・グッド

  • アーティスト: ライト・ファンキー・ワンズ
  • 出版社/メーカー: アリスタジャパン
  • 発売日: 2001/10/03
  • メディア: CD

ジャケットの写真のイメージで中身もだいたい合ってます。
つまり1stとはかなり雰囲気変わってる。
私じつはLFOが2枚目出してたことも知らなかったくらいなんですが
まさかこんな方向に行っていたとは!

Richがほぼアルバム全体の曲作りに関わるようになってます。
とくに歌詞はほぼ書いてるんだろうなと思われます、が…

Richさん、1stと2ndのあいだに失恋しましたよね?
とデリカシーのない質問が心にわいてくるのをどうすることもできない。
明るい曲調なのに歌詞後ろ向きの未練タラタラorちょっとヤケぎみor強がりソング
…あれ、私の大好物ではないですか?

「Every Other Time」
このアルバムでいちばん最初に発表されてた曲。
とてもオーソドックスにアメリカのアップテンポなポップロックで
今年の新曲だと言われても驚かない。
このジャンルはいつの時代もこんな感じですから!
Ed Sheeranの曲を聴いて
「Lyte Funkie Onesの2ndいまポロッと出してもいけるんじゃ」て思いました。

「28 Days」
West Side Storyにはロミオとジュリエットが出てましたが
こちらはジャック&ダイアンです。
コーラスのDevinの存在感が笑います。めちゃくちゃRが巻いてる(笑)

「6 Minutes」
これを聴かずにLFOを語るのはもったいなさすぎる!名曲。
なぜか酔ってクダ巻いてるみたいに聞こえる出だし(笑)から
スピード上げて疾走感出してくる。
6という数字があるので言葉遊びの歌詞も楽しいです。
でもポイントは!後半の
「♪Oh~Time is passing by~」
からなんです!
この「オーオ」がせつなげ度アップで
青春ギターポップ度までプラスされてる!
Bradの声はこういう系統も似合いますね。
この曲はのちにJonas Brothersがカバーしてます。
でも「オーオ」がない…
そこ大事でしょ!!!

アルバム初めの3曲がとにかくポップロックで押してくる。
もうここまででも過去のLFOとは全然ちがう。
「Alayna」は前作との中間くらいかな。でも聴きやすいのには変わりない。
「Erase Her」はBradがメインヴォーカルですね。
イタリアあたりで人気出そうなラテン系泣きの曲。
「Dandelion」こういうダークなメルヘン調の曲が本当は本気なんですって
Hold on hold on..て、泣いちゃいましたよ!

「Life Is Good」
Dandelionのあとのせいか強がっているようにしか聞こえないですけど
歌詞見てもやっぱりあまり大丈夫じゃない
でも曲調は明るいんですよ
一度挫折した人の曲だなあ。それだけにしみます。
本当に人生信じられないこと起こりますね

「Where You Are」で「あれ、ちょっと吹っ切れた?」となり
「What If」で「うーん、まだ引きずってる?」となり
「If I Had A Dollar」がDevinさんワールド全開でお酒飲みたくなり
「Gravity」は「もうこれ誰もLFOだと思わないだろ」という出だしから
いつもの感じでラップ開始→「やっぱりLFOか」(ズコー)までをお楽しみください。

「That's The Way It Is」
曲も歌詞もめちゃくちゃ好きな曲!!
一言でいえば強がりアメリカンロック。
Weezerとか好きな人にも勧めたい。
この歌詞はとても共感できる
ナチュラルな誇り高さ大事にしたい
「♪We don't stop now, just rock now」
のシャウトがほんとロックなんです。
挫折しそうなときの応援歌。

「The Sun Still Shines」Summer Girls歌ってたら夕方になっちゃった、
みたいな曲。
このあとDandelionがkelisさんフィーチャリングでまた流れるんですけど
も、もういいから!
それがいちばん思い入れあるのわかったから!
ダークなメルヘンと見せかけてほんとはいちばん本気だって伝わるので!
Richの淡々としたヴォーカルは新境地だ
でもこんな曲作ってしまうような気持ちにはなってほしくない…
本気で落ち込んだときの草も生えない荒涼とした心象風景が広がる…

このあとボーナストラックが入って中和されてアルバムが終わります。
レアな曲が日本盤に入っていると嬉しい。
シークレットトラック「Suzie's Pillow」、お?と思います。
Bradメインヴォーカルでギターポップ風味があります。
おもしろい隠し曲。
Suzieはお母さんの名前のようだ。だから歌い方まで可愛いんでしょうか(笑)

2ndは1stほどのセールスは上げられず、このあとLFOは解散してしまいます。
当時どういう状況だったかなんて周辺の人しか知らないでしょうけど
外野から15年後に見たかぎりでは
このアルバムの路線でいけば2005~6年あたりのポップパンクブームに
乗れたんじゃないか…時代先取りしすぎてたんじゃないか…と
もう何を言っても遅いですけどそんなことを考えます。

いろんな状況から妄想すると
いったん解散するしかなかったんだろうな、と納得はいきます。
2ndは歌詞を見れば見るほど
「Richちょっと休んだほうがいいのでは」と心配になるし。
三人組ユニットの曲にしては
歌詞がパーソナルな度合い強くなってますね。

2ndでいちばん好きな曲は
「6 Minutes」と「That's The Way It Is」で悩むなー
どっちもさわやか系アメリカンロックですから。
しかもせつなさ隠してやみくも疾走ソング。
好みの系統だ…!!
本当に生きてるうちに思いだしてよかった。
LFOは私の知らないところでもステキな曲いっぱい歌ってた。
そう、知らない曲がまだあった

LFOのアルバムは2枚だけですが記事はあともう1回続きます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

LFO(Lyte Funkie Ones)を語る・1 [音楽]

1999年に「Summer Girls」でブレイクした
Lyte Funkie Ones。
そのころリアルタイムでアルバム聴いていました。
Rich Croninと誕生日一緒だ~とかも思っていた。
でもずっと忘れていた…

音楽ニュースのチェックもずっとしてなかったのに
なぜかRichの訃報はすぐ知った。
その頃は私も自分が生き延びるのに精一杯で
曲を振り返る余裕もなく。
昔好きだったなというだけで終わった。

つい先日、急に思いだした曲、たぶんLFOだ、と聴きなおしてみたら
すごく、いい…!!
思いだしたのは「West Side Story」だったのですが他の曲もいい。
当時このよさに気づいていなかった!なんたる不覚!
1stしか聴いてなかったからこの際全部聴きましたよ。
というわけでLFOを語る。第一弾。

たぶんLFOといえばみんなの印象はこれ、であろう1stアルバム。

Lyte Funkie Ones

Lyte Funkie Ones

  • アーティスト: Lyte Funkie Ones
  • 出版社/メーカー: Import
  • メディア: CD


まずLFOが
Lyte Funkie Ones
の略だというのも覚えてなかったですよね
いい名前ですよライト・ファンキー・ワンズ。似合ってます。

「Summer Girls」
ヒットしたけど当時から「意味のない曲」という意見もあり賛否両論だったような(笑)
のんきな夏でいいんじゃないでしょうか。夏に難しいことを考えるのはやめよう!
暑くてもサラッと聴けるマッタリ感。
Richさんの声は暑苦しさと無縁です。

「Girl On TV」
なんてロマンチックな曲なんだー!
まあ実際ロマンチックな気分で作ったんでしょう(笑)
これもシングルカットされてPVあります。
当時はRichをそこまで美形と思った記憶がないのですが
あまりじっくり見てなかったのかもしれない。
今見ると超美形ですね?めちゃくちゃ顔整ってますよ
私の好みが変わったのか?(笑)
めちゃくちゃ格好いいですよ!
というか三人とも格好いいですよ。
RichとBradのリモコンの取り合いが笑えるPV。可愛すぎます。

「West Side Story」
いちばん好きだった曲です。
今も1stアルバムでいちばん好き。軽快で明るくて可愛いです。
LFOのメンバーは東海岸出身です。
西海岸にはロマンがあるのかもしれません。
Devinの熱唱パートとRichの軽い歌唱パート(いやRichも熱く歌ってるはずですが)
この曲に限らずうまくかみ合ってます。
サビのコーラスの締めに甘い雰囲気を添えているのはBrad。
三人のステキなハーモニー。

「Baby Be Mine」
Human Leagueの「Human」を元ネタにした曲。
この曲はFiveもカバーしているので聞き比べると面白い。
ていうかみんなHuman好きですね?(笑)
夜にボーッと聴くのにいい感じです。ムーディー。
BradがLFOでいちばんお気に入りな曲がこれらしいです。
ライブで歌って楽しいだろうなと想像つきます。

「Me (Boom, Shalak, Lak, Boom)」
この曲のこと何も覚えてなかったですけど
実質アルバムラストにこれを入れてくるのはステキすぎます。
(日本盤だとこのあとにボーナストラックがあります)
不思議なグルーヴで進む曲です。
DevinのまったりパートとRichの軽快パート
シンプルな演奏がまたいい味出してる。
横スクロールのゲームでスピードアップのアイテム取って
スイスイ進んでるみたいな気分が味わえます。
「♪top of the world~」の響きがいいな!
歌詞はスカッとします。やる気が出ます(笑)
この曲がいちばんRichの中身を表しているような気がします。

ほかにも「Can't Have You」のカバーとか
「Think About You」のクリスマスに聴きたくなるような可愛さとか
「The Reason Why」のキュートな出だしとか。
通して楽しく聴けます。
「三人組」っぽさ、アルバム通しての統一感は1stのほうがあります。

いちおう1stはジャンルでいうとR&Bとかラップとかヒップホップ風味
なのでしょうけどものすごくポップです。
歌声にマッチョさがないのが聴きやすいんだろうな
Devinは歌い上げ系で時間の流れが変わりそうな唱法ですけど
聴くとお酒飲みたくなる声ですけど(笑)
それでも声軽いし高めです
そうみんな声が高めでソフトなんです。耳にやさしい。
Richはおもしろい声してますが
スウェーデンの血が流れていると知り納得。
私の大好物、北欧ヘナヘナボイスの系譜なんですね!
BradはRichと声が調和しすぎてますが
聞き分け方法は
「色気がある歌い方なのがBrad」
Richさんは
あんなにお顔整ってても
ふしぎなほど
色気を感じな(略
弟みたいです。
いちばん好みだけど。

次は2ndについて書きます。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Diablo3のオンラインマルチプレイしてみた! [ゲームいろいろ]

ディアブロ3、アホみたいにはまってしまいまして
ストーリーモードをクリア。
アドベンチャーモードを始めました。
難易度もちょっとずつ上げてついにトーメントに!
レアなアイテムを集めまくるスタート地点にやっと立てました。

ネットワーク設定を「パブリック」にして
ほいっとクイックマッチしてみました。
トーメント1~3くらいの難易度設定でしたが
そこそこマッチしますね。
ホストのいる部屋にゲストとして入った場合は
たいてい皆さんどこかを攻略中で街にはいないです。
ほかのメンバーの旗にさわるとその人のいる場所に飛べるので
それで合流です!
このゲーム、ソフトの機能としてのあいさつとかモーションとか何もなさげなんで
いきなり一緒に戦い出せばそれでOKみたいです。
というかそれしかできない。

自分がホストになって誰もこないときでも
ひとりで従者とやっていれば途中からちらほら合流してくれます。
メインメニューにきてくれた気配がしてもダンジョンまで来てくれるかはわからないので
そわそわしつつただ戦うのみ(笑)

ほかの難易度はわかりませんが
私のやった辺りだと
皆さんもふと見ると体力バーが瀕死寸前になっていることがよくあって(笑)
似たような感じでとても気楽にできました。
みんなちょっと背伸びしてトーメントに来ているんだ!私もだ!(笑)
道中どさくさまぎれに数回死んでしまいましたが
「その場で復活」選ぶと
しれっとみんなについていけるのでこれがいいかも。
きっと誰にも気づかれてない。大丈夫だ。たぶん。どうだろ?(笑)
赤い玉取って近くの人を回復するのも意味がありますね。助かります。

ひたすら殴ってる人とかペット連れてる人とかいて新鮮でしたね。
私もウィザードで気が済んだらほかのクラス育てたいです。

ディアブロ3のコンシューマー版オンラインでよく言われるのが
チート使いが出没するということ。
しかも他人に影響を及ぼすタイプの。
そんなに遭遇するものかなあ?と思いましたが、いましたね!
私がホストで遊んでいたときにいきなりグレーターリフト開いた人がいて。
まあ普通あまりやらないですよね。ホスト無視でそういう行動は。
この時点で「んー?」と思いましたね。注意報くらいは発令されます。
グレーターリフトは要石を使うので、石を使って入るかどうか選択肢が出ます。
一応見てみたら、リフトのレベル150と書いてある。
私からすると別世界の数値だ。
部屋を抜けました。
強すぎる人についていってもつまらないし。

あとで調べたら
グレーターリフトのレベル高すぎるのを開いて連れていくのがチーターの常套手段だそう。
まさにあれはチートな人だった!
オンラインやる人は自分の直感を信じてチーターをよけましょう。
同じくらいのレベルで楽しく遊んでくれる人のほうが断然多かったです!


今回はネファリムリフトをやりました。
目標が単純なのでいきなり会った人とも楽しくできました。
ネファリムリフトはアイテムぽろぽろ落ちるし
敵が密集して共闘感もあるし適当に楽しくやれるな。ゆるい。
オンラインでのマルチプレイだと出たアイテムは全部自分用なので
茶色や緑の柱立ったら自分のものです。
ほかの人が開けてくれた宝箱でそうなることもあります。
とにかくアイテム落ちまくるので
全部拾ってたらアイテム所持数すぐいっぱいになってしまいます。
どうでもよさげなのはスルーです。
スタックするアイテムは拾っとくけど。
なんて贅沢な選別っぷり(笑)

パラゴンレベル100が近づいてきました。
これくらいためるとひとつのパラメータに振りまくれば多少効果あるかな
マルチプレイで思ったのが「足遅い」だった
普通に走っててもじわじわみんなから遅れていく(笑)
ブーツにちょっと移動力アップはついてますがそれだけだったので
もう少し工夫が必要だ
リフトも難しくなってくると移動速度が勝敗を分けそうな気がする。

まだ装備はつぎはぎ状態(笑)
とにかく数値高いのを装備。
そろそろ組み合わせを考え始めてもいいかもしれない

経験値の取得量がしばらくアップする、瞑想の泉(黄色い泉)が好きですね
効果もさることながら、プリンみたいでおいしそう(笑)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム
前の5件 | -